フライトの種類

  • HOME
  • フライトの種類

200S

フライトの種類

ダーツを構成する部品の中でフライトは、おそらく1番種類が豊富です。
フライトには多くの形状に様々なデザインがあり、またダーツの中で1番目立つ部分でもあります。

今回は現在一般的に販売されている形状のフライトについてご紹介させて頂きたいと思います。
一般的な形状のフライトとしてあるのはスタンダード、シェイプ、ティアドロップ、スリム、カイトが主なものとなります。



しかし、フライトにはメーカー特有の名称のようなものも存在します。
例えば人気の高いシェイプ型のフライトですが、Harrowsの場合はハローズシェイプ、フライトLの場合はスモールというように、メーカーによって名称が異なる場合もあります。

また、Fit FlightのスーパーシェイプやPROフライトのファンテイル、ブリストールなど名称だけでなく、メーカー独自の特殊な形状のものも存在します。

更に、少し前はフライトといえば素材にポリフィリム、紙などを使った折りたたみできるものが主流でしたが 現在はフライトLやFit Flightなどの形状記憶型のフライトも数多く発売されています。

素材の違いから今までのフライトでは実現できなかった透明感やデザインが可能になり、なにより形状記憶型ということで以前のようにプレイの際にフライトが畳まれていくような事がなくなり、常にフライトが90度に開いた状態を維持できるのが人気のようです。

このようなフライトはダーツケースやカバンにしまう際に、フライトを折りたたむことができないので、フライトを保護する専用のケースや、 フライトを装着したままダーツを収納できるドロップインタイプのダーツケースが必要になると思います。

特に最近非常に人気を集めているFit Flightは、通常のフライトとは違いシャフト側ではなくフライト側に差込口があるため、 同メーカーから発売されてる専用シャフト(Fit Shaft)が必要となります。

この他にも羽根が3枚のものや、フライトにひねりを加え、ダーツが回転するように考えられたものもあり、フライトの種類は非常に豊富です。

ダーツハイブWEB本店


トップへ