フライトへの加工

  • HOME
  • フライトへの加工

200S

フライトへの加工

ダーツをプレイしている時、スローイングした際にフライトが外れたり、ボードへ刺さった衝撃でフライトが外れたりする事にお悩みの方は大勢いらっしゃる事と思います。
そこでオススメするのが、フライト穴空けを施す事でプレイ中のフライト抜けを防止する加工です。

フライト穴あけ加工

フライトに穴をあけ、シャフトリングを通してからナイロンシャフトに装着することでフライトがロックされて外れにくくなります。

スロットロック加工ではない場合、シャフトリングが外れてなくす事が多かったのでは?
スロットロック加工されている場合、シャフトリングがフライトの中に固定されてシャフトリングをなくす事も少なくなります。

ノーマルサイズ対応リングはこちら
  ↓  ↓
■フレックスリング
■フレックスリング マットタイプ
■EDGE SPORTS/SHAFT RING
■UltimaDarts シャフトリング
■Lリング
■アクタゴンリング
■アクタゴンリング クリアタイプ
ワイドA対応リングはこちら
  ↓  ↓
■PUMA PIPEリング
■PRISMAリング
■指輪リング
※PUMA SuperGripに付属のリングにもぴったりです。

ワイドB対応リングはこちら
  ↓  ↓
■EDGESPORTS型抜き指輪リング
■EDGESPORTSラインストーン指輪リング
■指輪リング-Type1-

シェルロック専用穴明け加工です。
L-styleというブランドがオリジナルで開発した加工で専用のリングが必要となります。
この加工を行うことによりダーツ同士ぶつかった際のフライトの外れやシャフト先端部分の破損などを防止してくれます。
また、スロットロック同様フライトが外れにくくなります。
オシャレの一部としてお好きなカラーのリング選んで使う事も可能となります。

ダーツハイブWEB本店


トップへ