フライトL

(さらに…)

フライトL ディンプル

(さらに…)

FIT FLIGHT

(さらに…)

FIT FLIGHT AIR

(さらに…)

キャラクターフライト

(さらに…)

200S

フライトとは

ダーツの中で羽の役割をもち
空中姿勢を安定させる為のアイテム

今現在、デザイン・色・形など多数出ており
最も自分なりのデザインを見つけやすいパーツとなっています。
また、フライトへの穴あけ加工を行い、リングを装着することにより
フライトが外れにくくする事も可能です。
よりオシャレなダーツを作る事が可能となります。

フライトの役割

様々なデザインが存在するフライトですが、フライトを装着せずにダーツを投げるとどうなるでしょうか。

フライトが装着されていないダーツは、横や縦に傾いたり、回転したりと飛行姿勢が安定することがありませんので、どんなに上手な人がまっすぐに投げたとしても、フライトがないダーツはボードには当たりますが、刺さることはありません。

この事からも分かるとおりフライトはダーツを飛ばすという中で非常に大切な役割をもっており、また飛行の軌道に大きな変化を与えてしまうほど重要なパーツとなってきます。

フライトの役割は投げたダーツの姿勢を制御することになりますが、ここでいう姿勢制御とは、飛んでいるダーツを進行方向に向け真っ直ぐに修正し安定させることです。

ダーツが飛ぶということは正面から風を受けることになりますが、フライトには様々な形状があるため、風を受けるフライトの面積の大小によって制御する力は変わってきます。

この制御力の違いにより様々な飛びや飛びの軌道に対応できるように、フライトも様々な形状が誕生しました。

フライトの面積

ダーツを始めたばかりの方や、飛行姿勢が安定しない方などには空気の設置面が大きいスタンダードタイプがお勧めですが、接地面が大きいことによる弊害もあります。

空気の接地面が大きいということは、それだけ空気抵抗が強くなるため目標に到達する前にダーツが失速してしまいます。
つまりブルを狙って投げた場合に大きなフライトのためダーツが失速し、ブルのやや下方向にダーツが刺さってしまうということです。

逆に接地面の小さいスリムタイプのフライトなどの場合は、飛行姿勢を制御する力は弱いものの、空気抵抗が少ないため目標まで失速することなくダーツが飛ぶというメリットもあります。

様々な形状があり、その数だけ違う特徴を持つフライトですがどれが正解というものはありません。
色々な形状のフライトを試して頂き、自分に一番合ったフライトを見つける事が上達への近道かもしれません。

フライトの選び方

ダーツを始めたばかりで、まだ安定して真っ直ぐ飛ばす事が出来ない初心者の方は、ダーツを真っ直ぐに軌道修正してくれる力が強い「スタンダード」や「シェイプ」などの、フライト面積が大きい物がオススメです。

逆に、ダーツが余りブレずに真っ直ぐ飛ばせる方は、「スリム」や「ティアドロップ」などの、浮力が小さく矢速を落としにくいフライト面積の小さい物がオススメです。

しかし、フライト選びで一番大事なのは自分の好みで選ぶという事です。
フライトはダーツ部品の中で最も目立つ箇所なので、自分の色を出して周りにアピールしていきましょう!

おすすめブランド

L-style(エルスタイル)

綺麗な90度開きや、柔軟性や互換性等、6つの絶対条件を2年以上に渡る開発期間をもってようやくクリア。
さらにシャンパンリングによって進化したフライトLは、全世界に自信をもって送り出せるL-styleの代表作です。

COSMO DARTS(コスモダーツ)

Fit Flight(フィットフライト)は専用のシャフトが必要ですが、プッシュイン方式なので装着がとても簡単で、フライト装着時のストレスを解消してくれます。
また、より薄く、軽く、しなやかに改良され、透明度を高くして美しさにも拘った【Air】オススメです。

ダーツハイブWEB本店


トップへ